妊活で男性ができること


ワンステップ・クリアブルー


妊活で男性ができること

 

妊娠するためには、精子と卵子が生きている内にお互いにタイミング良く出会うことが不可欠です。
でも、このタイミングを見計らってセックスをするということは、思いの外難易度が高いこと。

 

例えば、基礎体温計や排卵検査薬を使い、奥さんが今日の夜にはいいタイミングがくるということがわかったとしても、その日に限って旦那さんが残業で遅くなってホットタイムを逃すことだってあるでしょうし、幾らいいタイミングとは言え精神的な理由からセックスをする気には到底なれないということだってあると思います。

 

 

卵子の寿命は長くても1日程度である一方、精子の寿命は3日間程度も持つことがあると言われています。
少なくとも精子は卵子よりも長い時間活動できることには違いないようです。

 

...となれば、排卵期のタイミングを見計らってセックスをするのではなく、例えば排卵日となる前日や前々日にセックスできれば、女性の身体の中で寿命の長い精子に卵子を待ち受けてもらうことができる訳です。

 

もちろん、精子の状態もより新鮮であることに越したことはありませんが、下手にベストタイミングばかりを狙って失敗することを思えば、精子の寿命の長さにかけて前もってセックスする方が、きっと妊娠の確率を上げることができるはずです。

 

 

ただ、ベストなタイミングであれ数日前のタイミングであれ、いざその時だから!と言われても気持ち的な部分でセックスできないと感じることはあると思います。

 

中には、月に一度しかないタイミングなのだからと思えば思う程にセックスがプレッシャーになってしまったり、セックスがただ子供をつくるだけの行為になってしまい嫌気がさしてしまうようになることもあるでしょう。

 

そうこうしている内に夫婦間に溝がうまれてしまうようなことにでもなれば、元も子もないことです。

 

 

不思議なことではありますが、お互いに気持ちよくセックスすれば妊娠の確率は上がるとも言われています。

 

この理由としては、オーガズムの収縮運動で精子が動きやすくなるからなど諸説あるようですが、単純に気持ちが良い方が身体も心も元気になり、その分細胞も活き活きするだからだろうとも考えられます。

 

 

つまり、お互いが如何に気持ちよく満足度の高いセックスができるかということが、少なからず妊活には関係しているのです。

 

もちろんセックスは単に子供をつくるためだけの行為ではありません。

 

夫婦間の大切な愛情表現のひとつでもあります。
だからこそ、その時間をより充実した特別なものにするための工夫をすることが、男女共に求められるものなのだろうと思います。

 

 

男性であるならばセックスの際、少しでも奥さんを気持ちよくさせるためにはどうすればいいのか考えてみることも大切なことではないでしょうか。
ムードづくりやテクニックなど、男性だからこそできることが必ずあるはずです。

 

そうしてセックスをすることは、奥さんにとって望ましい妊活の形にもなり、お互いの大切な愛情表現の機会にもなっていくはずです。

 

また、奥さんが妊活をしていることを知り、近々そのタイミングが訪れることを知ったような時には、出来る限りその日に合わせて気持ちをつくってみるようにする。
たとえ具体的に何か出来なかったとしても、そんな意識をもってみるだけでもきっと違う面があると思います。

 

 

加えて、いくらそのタイミングの日であったとしても、気持ちが伴わないまま無理にセックスをする必要はないかとも思います。
年齢的にもそんな猶予はない!といったご夫婦も存在するかとは思いますが、精神と身体のアンバランスさは少なからず妊娠に影響するもののように感じられます。
ですので、気持ち的な面については夫婦で相談し合いながら、時には思い切って次のタイミングを待つ選択をしてみることも、妊活をする上では必要になることがあるのでは...と思います。

 

 

いずれにしてみても、奥さんが妊活に励んでいることを知る機会があったなら、まずは奥さんのその気持ちを理解し尊重してあげてみてください。
また、あなた自身も子供を望むのであれば、男性としてあなたにできることがあるという事実と向き合ってみてください。
奥さんがその気でいるのをなんとなく知りながらも放置している、何も言ってこないから奥さんに任せている...といった方もいるかと思いますが、一人で妊活に励むのと夫婦揃って妊活に励むのとでは奥さんにかかる負担は大きく異るはずです。

 

 

冒頭でも記しましたが、結婚すればあらゆる行動は共同作業です。
妊活についてはよく知らなかった、奥さん一人に頑張らせていたといった男性陣がこのサイトを目にしているのであれば、是非このサイトを参考にしながら、一度奥さんの気持ちに寄り添い二人で妊活することを考えてみてもらえたらと思います。