排卵検査薬とは基礎体温


ワンステップ・クリアブルー


排卵検査薬とは基礎体温の併用について

 

排卵検査薬は、排卵日を予測するために尿のLH濃度の上昇を検査するものです。LHとは「ヒト黄体形成ホルモン」のことで、微量ながら常に尿から検出されているものですが、女性は排卵の前にこのLH濃度がぐっと上昇し始め、それが認められると36時間以内に排卵がおきるようになっています。

 

 

排卵検査薬は一定期間、検査薬に尿をかけてこのLH濃度がどの位になっているか、陰性か陽性かを確認するものです。LH濃度が高くなると陽性反応があらわれます。この陽性反応がでたら、排卵がおきますので妊娠の可能性が高くなります。

 

通常月に1回程度で排卵が起きますが、卵子の受精能力は排卵後約24時間とされていることから、このように排卵検査薬を使って排卵日をあらかじめ予測しておくことによって、より妊娠への効果を高めます。

 

 

基礎体温は、朝、目を覚ました時点で体を動かさずに口の中で計ります。一般的に、周期が低温期と高温期に分かれ、排卵があると高温期に入ります。基礎体温の場合は、排卵後に「排卵があった」と確認することになるので、事前に予測することは難しいとされています。

 

しかし、排卵検査薬と基礎体温を併用することで、自分の体の生理周期や排卵リズムなどを知り、体の変化を毎日確認しておくことが、確実な妊娠への一歩になります。

 

 

排卵検査薬では日本製を勧められない理由

 

排卵検査薬の初心者は国内の排卵検査薬に走りがちですが、長期で使用している人ほど海外の排卵検査薬をネット通販で購入することをおすすめしていますね。
海外の排卵検査薬は通販でしかおすすめされていないので、近所で買うのは難しい状態。
でも、海外の排卵検査薬は、30本や40本入って2千円とか3千円で、本当に価格が安くて魅力的!
日本の排卵検査薬は、5本とか7本程度で1000円以上することを考えると、相当割高ですよね。

 

1本1本が高いとなると、やっぱり失敗したくない気持ちが出てきます。
一方、海外の排卵検査薬は、1本がすごく安いので、失敗しても「まだあるからいいや」と余裕が持てます。

 

それこそ、朝夕と2回使用も可能!
チャンスを逃したくない人は、1日に2回検査をしている人も少ないので、そういう人は海外製の排卵検査薬を使ったほうが良いですね。
日本の排卵検査薬は、勿体なくても、1日2回検査なんてできません!

 

もしも2回検査をしたら、2、3日で使い切ってしまいます。
生理が不順の人は、余計に失敗が多いですから、日本の排卵検査薬では、絶対にテスターの本数が足りなくなって、買い直しになる可能性が高いと思います。
テスターの数はやっぱり多めがおススメです!