妊娠線予防で大事なのはやっぱり保湿


ワンステップ・クリアブルー


妊娠線予防で大事なのはやっぱり保湿

 

妊娠線予防で何よりも大事なのは保湿です。
乾燥していると妊娠線ができやすくなってしまうので注意。
保湿はなにも高級クリームにこだわる必要はありません。
ドラッグストアで販売されているような保湿クリーム、オイルなどでも妊娠線予防はできます。
ただ、肌に優しく妊娠中のデリケートな状態でも使えるものを、と考えている場合は、専用の商品を使った方がいいかもしれません。
今はいろいろな商品が出ているので、自分の肌に合ったものを探してみましょう。
無香料無着色など、無添加系の商品も多いです。
添加物たっぷりの化粧品を妊娠中に使うのは不安ですよね。
安心して使えるものを選ぶことが大切です。

 

妊娠線予防ってどんなことをすればいいの?

ママになった証とも言える妊娠線。
そう考えればむしろ妊娠線ができるのは喜ばしいことかもしれませんが、でも女性としては気になりますよね。
ママさんの中には、跡が残るのが嫌で妊娠線予防をされている方もいるようです。
それにしても、なぜ妊娠線はできてしまうのでしょうか?
まず一つは急激に皮膚が伸び縮みすることが原因です。
急に皮膚が伸びることで、皮膚組織に亀裂が入り、それが妊娠線となって残ってしまうのです。
これは太っている人にも見られる症状ですね。
妊娠線予防をするには、体重管理とケアをすることが重要です。
急に体重が増えると皮膚も伸びるので、医師の管理のもと適切な体重管理を行うようにしましょう。