排卵検査薬 産み分け


ワンステップ・クリアブルー


排卵検査薬は産み分けで役立てる!

 

世に中には、女の子しか生まれない家もあれば、男の子しか生まれない家もありますよね。
私の家は、女の子ばかりが生まれているので、そろそろ男の子が欲しいなって思ったりします。
どっちでも可愛いんですけどね。

 

ただ、ずっと女の子が続いていると、そろそろ男の子が確実に欲しいっていうのは事実です。
でも、男の子の産み分けとなると、やっぱり一般人が気軽に出来る方法としては、タイミング法ですよね。

 

男の子の産み分けは排卵検査薬で排卵日をチェックして、排卵予想日に性交渉をするのが一番だと言われていますからね。
排卵日の性交渉は、スピードに長けた男の子のY精子の方が有利ですので女の子が欲しい場合は、排卵検査薬の使い方がすごく難しいですね!
男の子でも女の子でも、どっちでも良いから子供が欲しいっていう人には、排卵検査薬はすごく役立つのですが。

 

女の子が欲しくて産み分けを希望していると排卵検査薬を使っても、性交渉のタイミングで悩んでしまうと思います。
女の子を生み分けるのであれば、デキるだけ早めに性交渉をして、男の子になりやすいY精子が寿命になってから排卵が行われるのを待つしかないですね。
こればっかりは、運になってしまいますので、祈るばかりですね。

 

 

男の子が欲しいなら排卵検査薬

 

子供なんて、性別なんか関係ないと思っていたのですが、世の中には子供の性別にこだわりがある人がいるんですね!
私はどっちでも良いタイプだから、産み分けなんか考えたことがありませんでした。
取りあえず子供が二人欲しいっていうことだけ。
姉妹でも兄弟でも、どっちでも可愛いと思うんです。

 

まあ、女の子一人と男の子一人っていうのは、一番理想ですけどね。
でも、性別で子供を選ぶことはしませんでした。
ただ、歌舞伎の世界とか、世継ぎが必要な家では、男の子って絶対に必要みたいですからね。

 

噂では、世継ぎが必要な家では、跡継ぎの男の子を生むために、産み分けについて病院から指導を受けていたっていう話も聞きました。
伝統文化の継承など、やはり家柄があんまりにも立派な場合は、病院でちゃんと産み分けの指導をしてもらうのも必要だと思います。
でも、一般人の家庭だったら、そこまでしなくても、排卵検査薬を買って産み分けするくらいでもいいんじゃないのかなって思います。

 

病院に行ってまで産み分けをすると、やっぱりちょっとやりすぎな印象もありますからね。
ネットでも簡単に購入できるし、男の子の産み分けには排卵検査薬は有効だって聞きますので、挑戦してみても良いですね。