排卵検査薬 女の子


ワンステップ・クリアブルー


排卵検査薬で女の子を産み分けする

 

女の子を産み分けする場合、一般的には排卵日の2、3日前に性交渉するのが良いと言われています。
排卵日当日になると、女の子になりやすいX精子よりも男の子になりやすいY精子の方が卵子に早く到着する可能性があるので、男の子になりやすいと言われています。
そのため、排卵検査薬で女の子を狙うのであれば、排卵検査薬が最も反応しやすいと言われている排卵日の2、3日前が女の子作りには向いているようです。
排卵検査薬によっても、陽性反応が出る条件が違いますので、一概には言えませんが。

 

多くの場合は、排卵検査薬で陽性反応が出ると言うことは、これから36時間以内に排卵が起こる可能性が高いということを示しているので、陽性反応が出たその日のうちに挑戦してみる方が良さそうです。
陽性反応=排卵日ではないので誤解をしないようにしましょう。

 

女の子を排卵検査薬で産み分ける時には、結局排卵日よりも少し前に性交渉をすることが必要だってことです。
生理周期がきっちりしていて、排卵日がずれにくい人の場合は、かなり計算ができるので、女の子も作りやすいと思います。
逆に生理周期が不安定な人は、排卵日が読めないので、女の子作りもちょっと難しくなってしまうだろうなって思います。

 

 

排卵検査薬を使っても結局は『ご縁』?

 

「男の子を作りたいなら、排卵日を狙え!」私は親や周りの人から、よくそう聞きました。
でも、女の子の作り方って、あんまり聞かないと思いませんか?

 

男の子の場合は、具体的な方法があるけど、女の子の場合は、難しいですよね。
排卵検査薬を利用しても排卵日に性交渉をしたら女の子ではなく男の子の方が、できやすくなってしまいますし。
勿論、運だってあると思いますが、スピードが早く男の子ができやすい精子の方が、女の子になりやすい精子よりも有利ですからね。

 

排卵検査薬を利用して女の子を作る場合は、やっぱり排卵検査薬が薄っすらと反応した時にすぐに性交渉をして、出来るだけ早く卵子が排卵される前に、子宮で待っていることかもしれませんね。
酸性に弱く、寿命も短いから、その欠点をつくしかないですよね。

 

排卵検査薬でも濃度によって表示される結果が違ってきますので、やっぱり少しでも線が出て来たのに、早めに性交渉を終えて、デキるだけ排卵時間とドンピシャにしないことが一番なのかなって思いました。

 

排卵時間とドンピシャになってしまった場合は、やっぱりもう運に任せるしか方法がないですね。
結局はそういう所も含めて『ご縁』なのかな〜って思います。