排卵検査薬 産み分け


ワンステップ・クリアブルー


排卵検査薬で産み分けしたい!

 

本気で男の子希望をしているのであれば、排卵検査薬を使いつつ、病院で卵胞検査をしてもらうとすごく確率が上がるようですね。

 

病院で卵胞検査をしてもらうと、やっぱり産み分けの確率は自分で排卵検査薬を使ってタイミング法を実践するより高いと言いますからね。

 

特に男の子希望の場合は排卵検査薬で陽性反応を使ったタイミング法で授かりやすいと言われていますので、女の子希望よりも期待が持てます。

 

ただ、どんな方法でも、やっぱり運もありますので、男の子希望をしていても、実際には女の子になってしまうこともありますね。

 

男の子希望の場合は、結構跡取りを希望して真剣に欲しい人も多いので、性別が違ってしまうと、それだけがっかりしてしまうこともあります。

 

どうしても男の子希望の場合は、やっぱり自分の判断で挑戦しないで、病院の医師の指導の下に、実践した方がやっぱり安心です。

 

ただ、卵胞検査を受けるとなると、今度は通院で何度も病院に行かないといけなくなってしまうので、仕事をしている人は難しいですよね。

 

不妊治療や妊活は、やっぱり専業主婦で通院時間を確保できる人じゃないと、なかなか難しい部分があります。

 

しょっちゅう通院で仕事を休んだり、遅刻していたら、やっぱり周りから良く思われないですからね。

 

 

排卵検査薬を産み分け利用する人が増えている!

 

妊活している人って、専業主婦ばかりなのでしょうか?

 

先日、会社の先輩が、妊活に専念するために、仕事を辞めることになりました。

 

既に年齢的に30代後半ですから、もう最後のチャンスだと思って、治療に専念したいそうです。

 

私は正直、不妊治療をしたことがないので、不妊治療なんて、仕事をしながらでも出来るものだと思っていました。

 

でも、タイミング療法を試せば、卵胞検査のために数日ごとに通ったり、仕事をかなり休んで通院する必要があるから、正社員をしながらの妊活や不妊治療って難しいんですってね。

 

男の子希望をしていて排卵検査薬で産み分けに挑戦していた友人も、やっぱり専業主婦で仕事をしていなかったけど。

 

仕事をしながらの通院は色々と周りに迷惑をかけてしまうし、何よりも本人が大変になるので。

 

やっぱり仕事を辞めて、専業主婦で挑戦した方が理想なんだろうなって思いました。

 

ただ、不倫治療でも男の子希望の産み分けでも排卵検査薬と病院への通院を同時並行で行えば、それなりにお金がかかりますので。

 

やっぱり正社員で働き、少しでもお金を足しにしたいと考える人もいますね。

 

お金も時間もないと、不妊や産み分けは難しいので、やっぱり考えてしまうと思います。

 

 

 

病院に行くか?排卵検査薬を使うか?

 

病院でタイミング指導受けるか、排卵検査薬で挑戦するか。

 

悩みどころだと思います。

 

でも、話を聞いていると、やっぱり病院のタイミング指導の方が、1カ月にかかる費用が高いようですね。

 

排卵検査薬の選び方は、口コミで最初は選んでも良いと思いますが、初めて使う人は日本製の排卵検査薬の方がおすすめ!

 

排卵検査薬の選び方では、海外の排卵検査薬をすすめているサイトが多いですが。

 

やっぱり海外の排卵検査薬は、日本語での説明がないので、初めて使う人が海外製品を使ってしまうと、間違った使用で正確な結果が出ない可能性があります。

 

そのため、正しい使い方を把握するためには、まずは日本の排卵検査薬を使うほうが良いです。

 

そして慣れてきてから、徐々に海外の排卵検査薬へ変更していく方がおすすめです。

 

海外の排卵検査薬は、やっぱり説明書が語学力がないと読みこなせないので、初めて使う人が挑戦するには、ちょっとハードルが高くなってしまいます。

 

やっぱり、排卵検査薬はちゃんと結果が出ることが大事なので、使い方はしっかりマスターしなければいけません。

 

自分でタイミングが計れない場合は、やっぱり病院でタイミング療法について相談をしたほうが良いですしね。

 

生理不順は海外の排卵検査薬を使おう!

 

排卵検査薬の選び方で、注意をしないといけないのは生理周期が不安定な人!

 

生理周期が安定している人は、テスターの数が少ない日本の排卵検査薬でも、十分数が足りますが。

 

生理周期が不安定な人の場合は、日本製の排卵検査薬では全く数が足りません!

 

そのため、生理周期が乱れている人の場合、排卵検査薬の選び方としては、海外の排卵検査薬をメインにしたほうがおすすめです!

 

海外の排卵検査薬は、コスパが非常に良く、何本失敗しても、たっぷりストックがあるので、お金を気にしないで1日何本でもチェックができるのが最大の魅力です!

 

日本の排卵検査薬は1日1本利用として、7本しか入っていないタイプが多いので、生理周期が不安定な人にとっては、非常にコスパが悪いです。

 

10本も入っていないのに、2000円〜3000円もするので、日本製の排卵検査薬は割高です!

 

同じくらいの金額を出すのであれば、海外の排卵検査薬だったら、30本とか50本が購入できます。

 

やっぱり排卵検査薬は何本も惜しみなく使える方が、精神的にもストレスが溜まらないのでおすすめです。

 

1本が高くて、ケチケチ使っていると、それだけで精神的にも、金銭的にも、なんだかもやもやしてしまいます。

 

 

排卵検査薬に確実性を求めてはダメ

 

排卵検査薬は、確実に排卵日を知るための道具ではありません。

 

排卵検査薬でわかるのは陽性反応が出てから36時間以内に排卵日が来る可能性があるということだけ。

 

つまり、排卵検査薬で確実に何日に排卵日が来ると約束したものではないのです。

 

排卵検査薬で陽性反応が出ても、24時間で排卵する人もいれば、36時間で排卵する人もいて、体質によって個人差があるのです。

 

そのため、排卵検査薬で陽性=その日に排卵日が来ると保証したものではありません。

 

排卵検査薬を使ったタイミング法というのは、あくまで排卵日のタイミングを知る補助アイテムというだけで、妊娠を確実に保証しているのではありません。

 

そのため、もしもタイミング法での確実性を重視したいのであれば、自分で市販で排卵検査薬を使って挑戦するよりも、不妊治療を専門としている婦人科でしっかりタイミング指導を受けることをおススメします。

 

病院では卵胞検査という保険適用外のエコー検査があり、市販の排卵検査薬ではわからない具体的な排卵状況をしっかり教えてくれるので、病院でタイミング法を試したら、すぐに妊娠出来たという口コミも多いです。

 

ただ、病院でのタイミング療法は、やっぱりお金がかかりますので、経済的な負担が大きいですね。

 

排卵検査薬で確実な妊娠は望めない

 

不妊治療の難しいとところは、『確実な妊娠』というのが保証出来ない所だと思います。

 

最初は排卵検査薬を使っていたけど確実に子供が欲しい気持ちが強くなり、最終的に不妊治療の病院へ通院して妊活をした友人がいます。

 

私なんかは、不妊治療の病院に通ったら確実に子供が出来るものだと思っていたのですが、現実はそんなに簡単ではないようですね。

 

排卵検査薬だったら確実に子供が出来なくても、数千円の出費だけで済むのでいいですが。

 

体外受精なんかは30万円とか50万円という大金がかかっているので確実に出来ないと、もうそのがっかり感は果てしないといいますね。

 

まるでお金をどぶに捨てたようなものだと、友達は言っていました。

 

上手く行かなければ、もう一回体外受精にチャレンジしないといけませんし。

 

一般人にとっては、30万円とか50万円とかって、本当に大きなお金になりますので、何回も気軽に挑戦できるものではないですよね。

 

それこそ、最初の失敗で心が折れてしまう人も多いと思います。

 

私だったら、1回30万円もかけて失敗したら、やっぱりもう一回挑戦する気には、すぐになれないだろうなって思います。

 

そういうのを考えると、やっぱり海外製の排卵検査薬で妊活するくらいがちょうど良いですね。

排卵検査薬で産み分けしたい記事一覧

排卵検査薬の仕組み排卵検査薬とは、排卵の日の徴候を検査するための検査薬となります。排卵検査薬は、排卵日に陽性として反応す...

不妊治療への排卵検査薬の活用方法不妊の悩みを解消するために不妊治療を行なう家庭は多くありますが、やはり妊娠を得るためには...

排卵検査薬を使う前に知っておきたい確率と計算排卵日検査薬を使用して、排卵日を特定できる確率はあまり高いとは言えないのが現...