不妊治療への排卵検査薬


ワンステップ・クリアブルー


不妊治療への排卵検査薬の活用方法

 

不妊の悩みを解消するために不妊治療を行なう家庭は多くありますが、やはり妊娠を得るためには排卵日を正確に知ることが大切です。
なかなか子供を得られない原因には夫婦のどちらか、もしくは両方に健康上の問題がある場合もありますが、性行為のタイミングが合っていないこともあげられます。

 

正常な性行為がありながらなかなか子供を得られないという場合はただ回数をこなすだけではなく妊娠しやすい日を知ることも大事です。

 

排卵日を知るためには基礎体温を毎日つけるなどの努力は続けていきたいですが、排卵検査薬があればより便利です。

 

基礎体温から排卵日を予測して性行為を行っても必ず妊娠できるわけではなく、予測した排卵日と実際に排卵した日がずれてしまうこともあります。
基礎体温だけで正確な排卵日を知るのは難しいものがありますが、排卵検査薬使うことでより確かな排卵日を把握できるようになります。
排卵検査薬は排卵チェッカーとも呼ばれており尿中の黄体形成ホルモンの濃度の上昇を調べていきます。

 

こうした検査薬も利用すれば不妊治療がより効果的に行えるようになりますので、上手に活用していきましょう。
排卵検査薬は尿を用いて行うものもあれば唾液を使って検査できるものもあります。

 

日本の排卵検査薬のデメリット

 

これから排卵検査薬を使ってみようと思う人は、できるだけ早い時点で、通販で海外製の排卵検査薬を買うことをおすすめします。
日本の排卵検査薬の方が、品質が良さそうで、性能も良さそうに思えるかもしれませんが、排卵検査薬って長く使っていると『数』が勝負であることに気づきます!
日本の排卵検査薬は、確かに品質では優秀かもしれませんが、数があまりにも少なすぎる!

 

かといって、本数が多い物を購入すると、すごい高額になるので悩んでしまいます。
日本の排卵検査薬は、1回でスムーズに上手く妊娠できる人には良いですが、何度も何度も挑戦する人には全く向きません!
妊活サイトで長年排卵検査薬を利用している人のブログを見ると、みんな通販で購入した海外製の排卵検査薬をおすすめしています。

 

やっぱり1本あたりの価格が、日本の排卵検査薬と海外の排卵検査薬では全く違います!
それこそ、普段だったら避けてしまう中国製でも、排卵検査薬については、日本の排卵検査薬よりも、コスパが良くて使いやすい。
安くても極端に品質が悪ければ買いませんが、普通の精度であれば、数が多くて安い海外製の方が総合力で優秀と思います。
品質が良くても高すぎると、やっぱりリピしなくなっちゃいますね。