排卵検査薬の仕組み


ワンステップ・クリアブルー


排卵検査薬の仕組み

 

排卵検査薬とは、排卵の日の徴候を検査するための検査薬となります。排卵検査薬は、排卵日に陽性として反応する物ではなく、排卵日直前に最も高い値を示します。
排卵検査薬はホルモンに反応する仕組みとなっています。

 

一般的な排卵検査薬の仕組みとしては、尿中に含まれる黄体形成ホルモンの検査をしているのです。元々黄体成形ホルモンは常に体の中に存在していますが、卵胞を成熟させる働きがあるため、排卵の直前が最も濃度が高くなるのです。この濃くなったホルモンを検知させることで排卵を調べることができます。
排卵が行われた後の卵子の寿命は12?24時間とされており、この短い排卵期間を知ることによって、受精の可能性を高められます。

 

そろそろ排卵日が近いと言う時期に使い始め、強い反応を示す日を探します。強い陽性反応が出たその日から、三日間は受精する確率が高くなるのです。
この薬は、一度使うだけではあまり効果を期待できないため、次の生理開始日から16日前からテストを開始を行ってみるとよいとされています。
月経周期が不規則や検査開始日を間違えたとき、大量に水分を摂取したなどのことによって、尿中のホルモン濃度が低下している場合などのときは陰性となることがあります。

 

排卵検査薬でも100%産み分けは難しい

排卵検査薬を使っても、100%産み分けが成功する保証はありません!
でも、排卵検査薬がうっすら陽性になったタイミングで子作りをすると、女の子が生まれやすいと指摘されています。
女の子になりやすいX精子は、男の子になりやすいY精子よりも寿命が長いため、排卵日の少し前に性交すると、排卵された時に子宮内で生き延びいるので受精しやすくなるそうですね。

 

逆に男の子になりやすいY精子は、子宮内での寿命が短く、排卵されるまでの時間が長いと、死んでしまうと言われています。
そのため、女の子を作りたい時には、排卵検査薬でうっすら陽性反応が出るタイミングで挑戦するのが王道のようです。
ただ、もっと確実に排卵検査薬の結果を確かめるためには、やっぱり病院に通って卵胞検査などを受けた方が良いそうです。

 

自分で判断するのには、ある程度の勘や経験が必要になってきますので、排卵検査薬を使ってもなかなかタイミング法が上手く行かない人は、病院にも通ったほうがやっぱり妊娠確率はUPするようです。
最初の排卵検査薬のタイミングで子供が出来てしまった人は、すごく運が良いです。
通常、最初の時は、失敗も多いので、1回だけでしっかり子供が出来るのは、やっぱり運が強いです!