海外製の排卵検査薬がおすすめ


ワンステップ・クリアブルー


海外製の排卵検査薬がおすすめの理由

 

最近、排卵検査薬のCMを見かけるようになりました。

 

”妊活”という言葉もよく耳にするようにり、芸能人も妊活の事を伝えてくれる方がいるので排卵検査薬の認知度も上がっていると思います。

 

私の周りでも、35歳を過ぎて慌てて妊活を始めたという人が結構います。

 

ところが、ほとんどの場合、スムーズに妊娠していません。

 

 

妊活を始めたいけれど、何から始めたらいいの?

 

と迷っている人は、CMで見る排卵検査薬かなと考えるのではないでしょうか。

 

 

妊活には、基礎体温計、排卵検査薬が基本だと思います。

 

そして、早く子供欲しいと思っている人達にとってはマストアイテムだと思います。

 

 

なぜなら、「新鮮な卵子と新鮮な精子が受精する」のは、排卵後6時間だからです。

 

卵子は排卵されてから16時間〜24時間しか生きられません。

 

受精可能な時間は12時間、「新鮮な卵子」の状態は排卵後6時間、排卵後6時間を経過すると卵子は徐々に老化していきます。

 

 

一方、精子の受精可能な時間は射精後84時間。

 

そして、精子は射精後48時間を経過してから、少しずつ老化していきます。

 

 

この精子と卵子の特徴から、妊娠するためには、

 

「排卵が始まる前に精子が待機している」という状態がベストとなります。

 

さらに、このベストな状態を作り出すには排卵日の特定が必須。

 

だからこそ、排卵日を特定できる排卵検査薬がマストアイテムなのです。

 

 

では、排卵検査薬を買おう!とドラッグストアへ行くと、かなり、価格の高いものが並んでます。

 

えっ?こんなに価格が高いなら、ちょっと買うのやめようかな、とりあえず数本だけ使ってみようかなと消極的になってしまいますよね。

 

でも、大丈夫。

 

 

日本製の価格が高い排卵検査薬を購入する必要はありません。

 

 

価格が高いものは使い続けられないと思っている方

 

少しでも節約して妊活を始めたい方

 

すこしでも早く妊娠したい方

 

 

海外製の排卵検査薬は通販で簡単に購入できる。

 

海外製の排卵検査薬は日本製の排卵検査薬と比べてとても安い。

 

さらに、海外製の排卵検査薬はとても性能がいいものがあります。

 

 

海外製の排卵検査薬で、使いやすくおすすめなのは「ワンステップ排卵検査薬クリア」。

 

ワンステップ排卵検査薬クリアは陽性の判断が他の排卵検査薬と比べて、とてもわかりやすい。

 

 

そして、日本製の排卵検査薬に比べて、価格がやすい。

 

ワンステップ排卵検査薬クリアはアメリカ製なので信頼できる。

 

さらに、ワンステップ排卵検査薬クリアは排卵日の2日前がわかるので、ベストタイミングをとることができるのです。

 

>>こちらからワンステップ排卵検査薬クリアの価格が確認できます。

 

 

目次

 

1.日本製の排卵検査薬の価格
2.排卵検査薬にはなぜ価格の差があるの?
3.感度の高い排卵検査薬を使う意味
4.なぜ排卵検査薬は1日に数回検査する必要があるの
5.排卵検査薬を使いこなしてベストタイミング知る

 

 

 

日本製の排卵検査薬の価格

 

 

日本製の排卵検査薬はとにかく価格が高いです。

 

もちろん日本製を使う事で、安心感が得られるが、価格が高すぎるので長く使いにくく、たくさん検査するには向いていません。

 

 

例えば、

 

ドゥーテストLH(7回分)2700円(1回当たりで考えると約385円)
ハイテスターH(5回分) 2580円(1回当たりで考えると約516円)

 

日本製だと1回400円近くから500円以上すると考えると高いですよね。

 

 

ハイテスターの5回分なんて使っていたら、数日で終わってしまいます。

 

 

少ない本数で、排卵日を特定するのは少し無理があると思います。

 

12回分を買ったとしても、1周期で使い終わってしまう量です。

 

 

さらに、価格が高いと「もったいない気持ち」になってしまい、1日に1回しか使わないなんていう人もいます。

 

 

そんな使い方をしてしまうと、LHサージの上昇を見逃してしまい、排卵日の数日前を特定することは難しくなります。

 

 

今月には妊娠するだろうから、1日1回の検査でも大丈夫と安易に考えるのは甘い。

 

 

妊活を始める人は、自然に妊娠しなかったという方が多く、

 

その場合、排卵検査薬を使っても、1ヶ月や2ヵ月の短期間で妊娠する可能性はそれほど高くない。

 

 

そもそも、1回で妊娠できる確率は20〜25%。

 

妊娠の確率は加齢やその人の体調など、様々な要因に左右されるため、健康な状態でタイミングを測っても妊娠の確率は20〜25%だと言われています。

 

 

 

早く妊娠したいと思う気持ちも分かりますが、長期戦になってしまう事もあると気持ちゆとりを持つことも大切。

 

 

排卵検査薬のコストを抑え、費用の負担を軽くすることで、経時的にゆとりを持つことができるかもしれません。

 

さらに、1日に2回〜3回、検査し排卵日の2日前を特定することで、ゆとりをもってパートナーに伝えることができるかもしれません。

 

 

 

第1子の時はすぐに妊娠した方も、2人目をすぐに妊娠するとも限らないですよね。

 

そして、早く妊娠したいからこそ、十分に排卵検査薬を使って、ベストな仲良しのタイミングを調べることが大切なのです。

 

 

また、妊娠してからも産婦人科へ通ったり、ベビー用品を買ったりと出費がかさむので、少しでも節約をしておいた方がいいと思ませんか?

 

海外製の排卵検査薬であれば、1回当たり100円以下のコストで検査することができます。

 

 

安いからと言って、粗悪なものとは限りません。

 

むしろ日本製の排卵検査薬よりも性能は優れているものもあります。

 

>>海外製の排卵検査薬について詳しく知りたい

 

排卵検査薬にはなぜ価格の差があるの?

 

なんとなく、

 

「海外製の排卵検査薬は品質的に信用できないなぁ。価格は高いけれど、日本製の方が品質的にも安心して使えるのかも。」

 

 

「少しでも正確に判断するためには、価格が高くても頑張って日本製の排卵検査薬を使いたい。」

 

 

と思ってしまう方もいるでしょう。

 

 

 

私も妊活をしていたので、その気持ちはなんとなく理解できます。

 

 

 

しかし、価格にこれほど差が出てしまうのは、どういう差があるのか気になりませんか。

 

 

価格の差の多くは、排卵検査薬の形状にあると考えています。

 

日本製の物はスティック状になっていて、検査で尿をかけた部分に蓋をして待つタイプの物です。

 

手も汚れないですし、待ち時間もスティックをおいても汚れることはないと思います。

 

逆に、海外製の安い排卵検査薬は、とても簡易的です。

 

 

紙ベースのスティックタイプのもので、日本製の物に比べるととても小さいです。

 

尿をかける部分にも蓋はないし、汚れないように置かないと、なんて細かいところで気を使うかも知れません。

 

 

しかし、品質的なところには全く差はありません。

 

 

排卵日を知る事に関しては、海外製ものが優れていることもあります。

 

 

海外製のものは排卵日の48時間前、日本製の物は排卵日の24時間前を知らせてくれます。

 

この24時間の差が大きい。

 

このように考えると、高い日本製よりも価格の安い海外製の排卵検査薬のほうが質が良いと感じませんか。

 

 

両者の違いは、感度の高さにあります。

 

海外製の排卵検査薬は、基本的に感度が高くなっています。

 

感度が高く、価格が安いのが海外製の排卵検査薬。

 

 

もちろん、価格が安いのが一番いいと思いますが、感度に関しては個人差があるので、感度が高いからいいという事ではありません。

 

感度が高すぎるという事は、陽性反応が出る期間が長くなってしまいます。

 

 

ずっと陽性が続くと、仲良しのタイミングを取りにくいなと感じる人もいると思います。

 

逆に、低すぎると陽性反応が出ないまま、排卵期が終わってしまうなんてこともあるかもしれません。

 

 

ホルモンの分泌量によっても、どちらのタイプが自分に合っているかが違ってきます。

 

じゃぁ、自分の分泌量は少ないのか?多いのか?なんてわからないですよね。

 

 

 

そう考えると、まずは感度の高い海外製の排卵検査薬を使う方がいいのかなと思います。

 

こちらなら、分泌量の多い少ないにかかわらず、陽性反応はしっかり出るのではないでしょうか。

 

 

 

感度の高い排卵検査薬を使う意味

 

 

排卵検査薬の感度が高いと、ホルモンの分泌量が少くても陽性の反応になる。

 

少ない量の間から陽性反応になるという事は、早い段階から排卵日を予測することが可能になります。

 

 

排卵日を早く予測することで、仲良しのタイミングをとる準備もできるし、数日前から余裕をもって仲良しのタイミングをとる事も可能。

 

 

妊活をしている場合、感度の高い排卵検査薬を使っていた方がメリット多いのです。

 

 

妊活をしている人にとって、一番知りたいのは排卵日の前です。

 

排卵日ではありません。

 

 

一番妊娠しやすいと言われているのは、排卵日の2日前ですから、排卵日の2日前を知るのが大切。

 

 

感度が高いものだと、早い段階から陽性になるので、この2日前に備えて仲良しする準備ができます。

 

日本製の排卵検査薬の多くは、排卵日の24時間前を教えてくれるタイプのものなので、一番妊娠しやすい2日前が過ぎて陽性になります。

 

正直、これではちょっと忙しい気がします。

 

陽性が出たら、すぐに仲良しのタイミングをとらないと時間がありません。

 

パートナーが仕事に行っている間なら、帰ってきてからのタイミングになるし、その日の帰りが遅ければその日のうちに仲良しのタイミングはとれないですよね。

 

その次の日になってしまうと、排卵日の数時間前という状態になってしまうかもしれません。

 

 

感度が低いと、タイミングをすぐに取る必要があり、慌ててしまうし、パートナーにも負担かかりますね。

 

 

海外製の排卵検査薬より価格が高いのに、一番知りたい日を教えてくれないなんて、と考える方もいるかも。

 

 

やはり、海外製の排卵検査薬の方が感度も高いし、価格も安いので、妊活をしている人にとってはこちらの方がいいのかなと思います。

 

 

そして、海外製の排卵検査薬のなかでは、アメリカ製のワンステップ排卵検査薬クリアが一番おすすめ。

 

 

他の安い海外製の排卵検査薬とは違い、陽性と陰性の判断がしやすいというメリットがあります。

 

 

感度もいいので、排卵日の48時間前には陽性の反応を示してくれます。

 

ダラダラと陽性が続くこともなく、排卵日の特定もしやすいです。

 

 

 

なぜ排卵検査薬は1日に数回検査する必要があるの

 

 

妊活に活用するには、アメリカ製のワンステップ排卵検査薬を使う事をおすすめします。

 

価格が安い、感度が高いというのも理由ですが、排卵検査薬は1日に2回〜3回使ったほうがいいからです。

 

 

価格が高いものだと、1回300円〜400円もコストがかかってしまいます。

 

1日に3回検査をするとなると、1日に1000円の出費になります。

 

 

アメリカ製のワンステップ排卵検査薬クリアなら、1回98円で済みます。

 

200回入りのお得なものなら、1回69円なのでかなり安いですよね。

 

 

 

アメリカ製のワンステップ排卵検査薬クリアは判定に曖昧さはなく、感度も高く、価格も安い。

 

妊活をするうえで大切なのは、1日に数回の検査を行う事です。

 

 

排卵前になると、女性の身体のなかで徐々にホルモンの変動が起きています。

 

排卵検査薬は、ホルモンの動きを察知して排卵日を教えてくれるのです。

 

 

排卵検査薬が察知するのは、黄体形成ホルモン(LHサージ)です。

 

 

この黄体形成ホルモン(LHサージ)が上昇し始めると、排卵検査薬が陽性を示し始めます。

 

感度が高ければ、上昇し始めたころで陽性になります。

 

逆に感度が低いと、ある程度、黄体形成ホルモン(LHサージ)が上昇していないと陽性になりません。

 

 

感度が低いと、黄体形成ホルモン(LHサージ)が上昇し始めたとしてもまだ陰性なので、排卵日の予測が遅くなってしまいます。

 

 

また、黄体形成ホルモン(LHサージ)の変化には個人差もあるし、その時の体調によっても違った変化になる可能性があります。

 

 

このような理由から、排卵検査薬は1日に数回使用するのが大切。

 

 

 

ワンステップ排卵検査薬栗クリアは、多くて200回分・100回分などでも売っているので、1周期にたくさん検査したとしても翌月に余裕で回せることができます。

 

 

1日に数回の検査で、しっかりとL黄体形成ホルモン(LHサージ)の上昇のタイミングをつかむことで、少しでも妊娠の確率をあげて欲しいなと思います。

 

 

ワンステップ排卵検査薬クリアは通販で購入するもので、正直不安もあると思いますが、使ってみるとシンプルでわかりやすい。

 

>>ワンステップ排卵検査薬クリアの購入はこちらから

 

排卵検査薬を使いこなしてベストタイミング知る

 

 

価格が安くて、感度が高くて、たくさん入っているワンステップ排卵検査薬クリアはとてもおすすめ。

 

1回のコストがかからないので、1日に何回も検査する事にもったいなさを感じる事がありません。

 

 

妊活にはそれなりにお金がかかるので、知らないうちに出費が増えてそのこともストレスになったりするんですよね。

 

 

男性って排卵検査薬の必要性をなかなか理解してくれないので、「検査薬にお金の使い過ぎ」とパートナーに怒られちゃったなんて話も聞いたことありますから。

 

そんな事で、パートナーとの関係性が悪くなっても困るし、懐も寂しくなるのも嫌ですよね。

 

早く排卵日を予測する事ができれば、排卵日に向けて、仲良しのタイミングをとる予定をパートナーと立てる事も可能になります。

 

 

余裕をもって仲良しのタイミングの準備を取ることはとても大切。

 

女性もそうですが、男性にも準備が必要。

 

 

排卵検査薬を使う目的は、排卵日を知るためではなくて排卵日の2日前を知ることです。

 

 

排卵検査薬を妊活に最大限に利用するためには、アメリカ製のワンステップ排卵検査薬クリアをおススメします。

 

価格が安いし、通販で購入できるので手続きも簡単です。

 

排卵検査薬をしっかりと使いこなし、仲良しのベストタイミングをつかみましょう。

 

そうする事で、妊娠の確率をあげましょう。

 

 

 

1回で妊娠できる確率は20〜25%。

 

妊娠の確率は年齢やその人の体調など、いろいろ要因に影響を受けます。

 

そして、健康な状態でタイミングを測っても妊娠の確率は20〜25%だと言われています。

 

 

 

「新鮮な卵子」と「新鮮な精子」が受精できる時間は排卵後6時間程度。

 

 

精子は卵子よりも受精可能時間が長く、射精後から5〜6時間で、受精可能になり、48時間経過した時点から徐々に老化。

 

一方、卵子は排卵の6時間後から老化。

 

 

このような精子と卵子の特徴から、妊娠するためには「排卵が始まる前に精子が待機していた」という状態がベストなのです。

 

 

排卵前の仲良しにより、精子は卵管峡部にある精子貯蔵所で保存され、排卵したらすぐに受精することが可能になります。

 

>>こちらからワンステップ排卵検査薬クリアの価格が確認できます。

関連ページ

ワンステップ排卵検査薬 検査1日目の結果
排卵検査薬 おすすめ 通販
ワンステップ排卵検査薬 検査3日目の結果
ワンステップ排卵検査薬 検査2日目の結果
ワンステップ排卵検査薬 検査4日目の結果
ワンステップ排卵検査薬 検査5日目の結果
ワンステップ排卵検査薬 検査6日目の結果
クリアーブルーイージーデジタル 検査1日目の結果
クリアーブルーイージーデジタル 検査2日目の結果
クリアーブルーイージーデジタル 検査3日目の結果
クリアーブルーイージーデジタル 検査4日目の結果
クリアーブルーイージーデジタル 検査5日目の結果
クリアーブルーイージーデジタル 検査6日目の結果
2種類の排卵検査薬を比較してみてわかったこと!
クリアーブルーイージーデジタルでエラーを出さないようにする
ママを応援
排卵のタイミングを知りたい方には排卵検査薬はオススメのアイテムです。
高齢出産を目指す人にはマカが有効
排卵日 いつ
排卵日 症状
排卵日とは
排卵日 基礎体温
排卵日 計算 正確
排卵日 体温
排卵検査でわかる排卵日
葉酸サプリメント
妊活夫婦
排卵検査薬でタイミング法を試す!
妊活に使える葉酸サプリ
排卵検査薬で陽性
排卵検査薬 海外
排卵検査薬 基礎体温
排卵検査薬 産み分け
排卵検査薬 活用方法
排卵検査薬 期限切れ
排卵日検査薬 必要性
排卵検査 タイミング
排卵検査 陽性 当日
排卵検査薬を使っても陰性
相性が良い排卵検査薬
妊娠の確率を上げる排卵検査薬
気軽に挑戦できる排卵検査薬
排卵検査薬 感度
葉酸サプリ
排卵検査 見方
妊娠後期
葉酸サプリとつわり
病院選びと葉酸サプリ
葉酸サプリと母子手帳